ED治療薬の種類とレビトラについて

日本において厚生労働省の認可が下り、医療機関での処方が許可されているED治療薬は3種類存在します。レビトラはその中で2番目に発売が開始されたED治療薬で、ドイツの大手製薬会社により製造販売されている薬です。日本では2004年に5mgと10mgが発売され、2007年には20mgが発売されました。レビトラは他のED治療薬と比べると、主成分が水に溶けやすい性質があるため最高血中濃度に達する時間が40分から50分程度と早く、持続時間も先発薬に比べると長いのが特徴です。勃起は性的刺激や興奮を受ける事で男性器の血管を拡張する物質が増える事で生じますが、EDになると血管拡張させる物質を阻害させるPDE5という酵素が発生するため、完全に勃起しなかったり勃起そのものが邪魔されてしまいます。レビトラはPDE5を抑制する事で、スムーズに勃起させ性行為に必要な硬度が得られるようサポートします。ED治療薬と言うと興奮剤のようなイメージがありますが、実際は性的刺激を受けるまで勝手に勃起させるような効果はありません。レビトラは他のED治療薬では副作用が強く出てしまったり効き目が感じられない人でも、効果を得られる場合があるため、体質によって使い分ける事ができます。