バリフの錠剤タイプの特徴

バリフはレビトラのジェネリック医薬品なので、同じ成分で作られており同じ効果を期待することが出来ます。しかしバリフはレビトラのジェネリックでありながらゼリータイプなど、服用する人が服用しやすい薬の形状を選ぶことが出来る様にも作られています。ゼリータイプやジェルタイプなどは水なしでも服用することが出来、身体により吸収しやすい構造になっている他、薬を服用することが苦手な人に向けて人気がありますが、では錠剤タイプの特徴とは何でしょうか。
バリフの錠剤は20mgのみになっていますが、日本人の体形なら10mgでも十分に効果を発揮することが出来ると言われています。そのためピルカッターなどで半分に切って服用すればよりコストパフォーマンスに優れ、結果として価格を抑えることに繋がります。ゼリータイプ等のメリットとして服用のしやすさが挙げられるのであれば、錠剤タイプのメリットはコストパフォーマンスの良さが挙げられると思われます。
バリフのどのタイプもED治療薬としての効果が同じであるならば、飲みやすさなのかコストパフォーマンスなのか、自分が何を求めるのかで選んでも良いのかもしれません。最も良い形状を選んでパートナーとの楽しい時間を過ごしましょう。