バリフは他の薬と飲み合わせてもよいか

 

バリフは圧倒的なコストパフォーマンスの高さを見せる勃起障害の治療薬です。
バイアグラ並のスピードで勃起障害のリスクを改善させられるのが利点になります。
それでいてバイアグラ以上にお薬の作用が長持ちしますので、焦る事なく、マイペースな形でセックスが進められます。

 

軽食に限りますが、食後の後に服用しても、バリフの効力は失われません。
元来のED治療薬は食後に服用してしまうと、効力がほぼゼロ化しました。
ところがバリフは食物の影響を受けにくいのです。
多量の油が使われた濃い料理を満腹まで食べた場合を除き、バリフは食後でもきちんと効きますので、旅先や滞在中の飲食店、ラブホ街でも飲めるでしょう。

 

気になるバリフと他の薬との飲み合わせですが、いわゆる一般医薬品なら問題無いと考えられています。
街の薬局で手軽に買える大衆薬なら特に飲み合わせによるリスクは無いものと言われていますが、医師から心臓病の薬や血圧関連の薬を処方されている方は要注意です。

 

ニトログリセリン等の主成分に持つ医薬品とED治療薬は飲み合わせが極めて悪く、体内で交じり合う事で最悪の場合、死亡事故に発展する程のリスクが生じます。
風邪薬やサプリメントとの併用は大丈夫ですが、心臓や血圧関係で通院中の方は必ず専門家に相談し、許可をもらえた方のみ、ED治療薬を手に入れましょう。